ブラックリスト、ホワイトリストの登録はこちらから



>>登録方法はこちらをご覧ください

スパム(迷惑メール)自動判定サービスについて:
メールサーバがスパムメールに目印をつけるサービスです。(英語のスパムや不快な勧誘広告等、迷惑メールが届いた場合、 自動的にメールの件名に[SPAM]と いう文字が入ります。) この目印をお客様がご利用のメールソフトの振り分け機能と組み合わせてご利用いただくことで、スパムメールを見なくてすむようになります。
 ※ このサービスを利用するには、別途お申込みが必要です。
 ※ 本サービスは、すべてのスパムメールを確実に判定して振り分けるものではありません。
   あらかじめご了承ください。


ご利用手順について

 1)手続きが完了後、スパムメールに対するフィルタリングが開始され、
   スパムと推測されるメールの件名に[SPAM]という文字が入ります。
            
 2)ご利用のメールソフトの振り分け機能の設定を、お客様側で行います。
   (メールソフトの振り分け設定を行わない場合、件名に[SPAM]という
    目印がつけられたメールが、一般のメールと共に受信箱へ届きます。 )
               
 3) 必要に応じてブラックリスト、ホワイトリストの登録を行ってください。
  ※本サービスは、すべてのスパムメールを確実に判定して振り分けるものではありません。
   そこで、絶対に[SPAM]をつけたくないメールは、そのメールのアドレスなどの条件を
   ユーザ設定の画面で 「Whitelist」として登録すれば、迷惑メールとして振り分けられ
   ないようにできます。
   また、逆に[SPAM]をつけたいメールを「Blacklist」として登録もできます。



ブラックリスト、ホワイトリストの登録方法について

 1) このページの先頭の「ログイン」ボタンをクリックします。

 2)認証画面が表示されたら、お申込になったメールのアカウント(@の前の部分)
  とメールのパスワードを入力します。
 

 3)ユーザ設定の画面が表示されます。
   設定例を参考に、 向かって左側のウインドウに条件を入力します。
  (右側に記載されている例をコピー&張り付けし、アドレスを打ち直すと確実です)
 ※下図は、「hogehoge@example.co.jp」からきたメールに[SPAM]をつけないように「ホワイトリスト」
   として設定する場合です。

  

「登録」 ボタンを押すと設定完了です。


■補足
  メールソフトの振り分け機能の設定方法: 例)Outlook Expressの場合
1)[ツール]-[メッセージルール]-[メール]を選択します。
2)新規のメールルール画面が開きます。
  [1.ルールの条件を選択してください]の欄から、 [件名に指定した言葉が含まれる場合]に
  チェックを入れてください。
  [3.ルールの説明]の欄に[指定した言葉が含まれる場合]が表示されますので
  これをクリックしてください。
3)[単語の入力画面]が開きます。単語入力欄にすべて半角で[SPAM]と入力し
   [追加]ボタンをクリックしOKをクリックしてください。
4)新規のメールルール画面で[2.ルールのアクションを選択してください]の欄から、
  [指定したフォルダに移動する]にチェックを入れてください。
5) [3.ルールの説明]の欄に[指定したフォルダに移動する]が表示されますので
   これをクリックしてください。
  [移動]画面が開きます。迷惑メールの振り分け先フォルダを選択しOKを押します。
  (例えば[ローカルフォルダ]以下に、[迷惑メール]というフォルダを作成して、選びます)
6)新規のメールルール画面で、[4.ルール名]の欄にお好きな名前を入力してOKを押してください。
7)[メッセージルール]画面に追加した内容が表示されますので[OK]ボタンをクリック
  してください。これで設定は完了です。

  ※ご利用時に、時々[迷惑メール]フォルダを参照して、メールが正しく振り分けられているか
  ご確認ください。